金利が安いリフォームローンはろうきんと銀行どっちがおすすめ?

リフォームローンを利用するに当たり気になるのは口コミだと思いますが、高評価な金融業者が当たりとは限りません。

低金利なローンには多くの人が集中するので審査が厳しい傾向にあります。

審査が厳しいが故に多くの人が審査落ちしその腹いせに悪い口コミが増えるということは多くあるのです。

なので、偏った口コミに流されてローンを選んでしまうと自分に最適の商品を見落としてしまうかもしれません。

特に金融関係の口コミを参考にする場合は良い悪いという口コミの件数だけではなくどういった理由でその評価になったのかという理由まで見なければいけません。

借り入れたリフォームローンが余った場合、金融機関に申告したり返金する必要性はあるのでしょうか?融資金額は一般的に見積書などで算出されますので余るケースはあまりないのですが過剰請求したのではないかと不安になりますね。

一方で、建設業界では追加費用が発生しても困らないように事前に上乗せ融資を勧めるといった業者もいます。

追加融資が難しい金融機関では、担当者も上乗せ融資を勧めることがあるようです。

融資を受けたのにリフォームをしなかったという事でもない限り、最終的に完済されれば問題はありませんし、そのまま放置していても構わないようですが余剰分が気になるという人は繰り上げ返済をして、借入た分を早急に全額返済してしまいましょう。

オリコのリフォームローンは365日年中無休、仮受付してくれるWebリフォームローン仮受付が便利です。

来店不要でパソコンから申し込みができ審査も最短で2日という速さなので銀行へ出向く必要性がありませんね。

オリコのリフォームローンは固定金利なのですが、保証人や担保、保証料などを用意しなくて良いという最大のメリットがあります。

ローンの使途として改修工事やリフォームだけでなくソーラーシステムの設置工事にも利用することができます。

ローンを申請する際の注意点として、仮受付の申し込み時にはオリコとの提携販売会社やリフォーム会社との契約が必要であり、販売店のコードもしくはIDを入力しなければなりませんのでご留意ください。

最近話題のアプラスのリフォームローンはTポイントが貯めている人におすすめです。

申し込める条件として、20歳以上65歳未満、安定収入がある人で融資可能額は10万円以上300万円以内、返済回数は最長84回(7年)とライトなローンになっています。

金利についてですが、アプラスの金利は短期融資となるので、7.20%から14.40%と高めの設定になっています。

ネットで申し込みが可能なことや保証人・担保が不要で、小規模なリフォームには適しています。

シミュレーションも詳細な条件を設定できますので、アプラスのリフォームローンに興味のある方は一度、HPをご覧になってみることをおすすめします。

リフォームローン金利比較は評判の良い比較サイトを利用すると良いでしょう。

参考:リフォームローン金利比較でおすすめは?【金利が安い銀行ランキング】

比較サイトであればいくつもの金融機関がまとめて掲載されていますし、限度額や借入れ条件が分かりやすく紹介されています。

金利や借入限度額など条件に応じて並び替えができるのも便利です。

サイトによってはバナーが貼ってありますのでワンクリックで金融機関のHPへ飛べるところもあります。

最近はネット銀行が普及してきたので来店不要や全国対応など自宅で申し込めるローンが増えています。

リフォームローンの一体型について紹介します。

分かりやすくいうとリフォームローンと住宅ローンとがセットになっているローンということです。

中古住宅を購入してリフォームしたいと考えているなら一体型ローンでローンを組まれることをおすすめします。

住宅ローンと比較するとリフォームローンのほうが金利が高いので一体型であればリフォーム費用も低い金利で借入できるというメリットがあります。

但し、注意点としてローンの事前審査でリフォームの見積書が必要になったり、申込の際に工事の請負契約書が必要となる場合があります。

それ故、物件探しとあわせてリフォーム業者を探して、見積もりを作成してもらうという準備も必要になります。

楽天にもリフォームローンあるのですが、楽天のリフォームローンにはフラット35(リフォーム一体型)といった商品があります。

住宅購入資金とリフォーム工事資金を合わせ一つのローンでまとめて融資を受けられる商品です。

2016年10月からは新商品であるフラット35リノベが登場しました。

【フラット35(リフォーム一体型)】との違いは何かと言うと0.6%の金利引き下げが受けられることになります。

注意点として、工事前に適合している基準は対象とならないことや【フラット35】Sとの併用はできないことがあげられます。

低金利でリフォームローンを借りるには担保型のローンを選ぶことです。

リフォームローンには担保形というものと無担保型というものがあるのですが借入期間や借入可能額、金利相場に違いがあります。

無担保型の場合、借入期間は最長で10年から15年となっており、借入れ可能な上限金額は500万円から1000万円となっていますが、担保型であれば期間は最長で35年、上限金額は1000万円から1億円に跳ね上がります。

金利に関してですが、長期借入の方が期間が長い分低金利になりますので無担保型が約2から5%という利率に対して担保型は約1から2%という低い金利となります。

加えて、貸付金利タイプでも差があり固定金利と変動金利を比べた場合変動金利の方が低金利になります。

多くの人がおすすめするリフォームローンを探すには ランキングサイトを利用するのが簡単です。

ですが、住宅事情は人それぞれで違いますので一概にネットの口コミ情報だけに頼ってしまうのはよくありません。

まず先に、今の住宅で不満なところを洗い出し、リフォームに必要な費用を算出し条件に合致するリフォームローンを見つけましょう。

リフォーム費用が高額になりそうであれば有担保型ローンが低金利でおすすめですが、低額の場合なら小回りが利く無担保型ローンが良いと思います。

また、中古住宅の購入と一緒にリフォームをしようと考えている人は一体型のリフォームローンを選べば金利を低く抑えることができます。

アルヒ(ARUHI)のリフォームローンは申込資格には、満20歳以上65歳未満と規定されています。

融資の金額は50万円以上1 000万円以内とされており、返済回数は1年から35年なので住宅ローンのように長期で返済することも可能です。

そのため契約には連帯保証人が必要になり融資合計金額が500万円を超える場合は抵当権も設定され、団信保険を付けるプランを利用することもできます。

アルヒの利率は変動金利型で、4月1日、10月1日の年に2回の長期プライムレートを、3か月後の口座振替から適用となります。

アルヒのフリーダムプラスにはAプラン、Bプランの2種類があり、それぞれのプランごとに基準金利と事務手数料が決まっています。

リフォームローンにシミュレーションできることをご存知ですか?シミュレーションは金融業者のHPで試算できます。

検索サイトで「リフォーム シミュレーション」と検索すると複数の検索結果が表示されますので、上位のサイトへアクセスしましょう。

借入希望額、返済期間やボーナス時の返済額や割合を入力すると毎月の返済額が瞬時に算出されます。

個人情報を登録せず利用できるのでここで借りなければいけないのかなといった心配をする必要はありません。

返済額の計算は複雑で素人では難解ですから折角の機能を存分に使わせてもらいましょう。

リフォームローンを組む場合、いくら借りられるかというのは、工事をする上で最も大切なことと言えます。

しかし、リフォームローンは住宅ローンと比較して借入限度額はわずか1/10程度となっています。

リフォームローンで借入れできる金額は最大でも500万円から1000万円という商品が一般的です。

ですがリフォームローンの金利というものは、2から5%という高い金利に対し返済期間は10年から15年と短いので、借入金額が多くれなれば比例して返済額も大きくなってしまうのです。

無理のない返済額を事前にシミュレーションしておかないと大変なことになるかもしれません。

リフォームローンの金利に関してですが金融機関によって異なります。

1%台からの低金利なところもありますが、高い場合になると金利は15%に近くになるところも。

金利体系は2種類あり変動と固定の2種の金利体系があります。

変動金利は金利が低いメリットがありますが、景気の変動に連動して金利が高くなるリスクがあります。

一方、固定金利は完済するまで金利は変化しない安心感はありますが、そもそもの金利が高いというデメリットがありますし、相場が下がっても高金利のまま返済をし続けるというリスクもあります。

リフォームを考えている方へ、リフォームローン減税について紹介します。

リフォームローン減税は住宅ローンを利用しリフォームを行った際に対象となる減税制度のことです。

減税の対象となるリフォーム工事にはどんな工事でも対象になるというわけではなくいくつか定められた条件があります。

減税の対象となるリフォーム工事は耐震改修やバリアフリー、省エネ工事などで100万円を超えた場合にのみ適用されるというものです。

減税申請を行う側についても条件が定められており年収3000万円以下かつ、返済期間は10年以上、また工事完了から6ヶ月以内に本人が居住することなどが条件として定められています。

しかも減税は自己申告制になっているので、確定申告を行わなければ適用されません。

残念なことにリフォームローンに落ちた人はまずはその原因をきちんと分析する必要があります。

まず、落ちた理由として考えられることは借入希望金額が高すぎたのかもしれません。

勤続年数や雇用形態に問題があった可能性もあります。

例えばマイカーローンの返済中であったりリボ払い、キャッシング額が膨れ上がっているなどカードローンの利用状況というのは、割と大きな要因となります。

キャッシングの返済など、きちんとクリアにすることがリフォームローンの審査に受かる近道となります。