おまとめローンの審査が通りやすい決定的な理由ってあるの?体験者の口コミはどう?

プロミスにはおまとめローン専用のプロミスおまとめローンという商品名のローンがあります。

消費者金融のローンですが、一般のカードローンと違う点は、総量規制の例外貸付が適用される点や追加で借りることができない返済だけのカードローンだということです。

金利は6.3%から17.8%なので少々高めではありますが、最短即日融資、無担保ローンという消費者金融のメリットは健在です。

銀行のおまとめローンよりも限度額が低めに設定されていますが申込資格は20歳から65歳以下で安定継続した収入がある人だけなので勤務形態の規制はありません。

既存の借入先への返済を代行してくれるだけでなく返済についての振込手数料や代行手数料、繰り上げ返済手数料などはかからないメリットもあります。

おまとめローンというものはそうそう利用するものではありませんから利用に際しほとんどの方が、わからないことだらけだと思います。

手続きの方法や必要な書類、メリットやデメリットなどの疑問はおまとめローンの商品を取り扱っている金融機関の「よくある質問コーナー」に答えが掲載されています。

借金総額がいくらになったら利用したほうがよいかといった消費者目線の質問については「おまとめローン よくある質問」と検索してみることをおすすめします。

情報サイトには消費者金融と銀行のおまとめローンのメリット・デメリットもわかりやすく記載されていますし金利やサービス内容についても比較しているので金融機関のサイトでは得られない情報がゲットできます。

審査に通るコツやポイント、通らない人の傾向など有益な情報が多いのでおまとめローンの利用を考えている人はチェックしてみることをおすすめします。

埼玉りそな銀行にはおまとめローンと言う商品はありませんがおまとめや借り換えにも使えるフリーローンがあります。

限度額は300万円までですが、金利は6.5%から14.0%に設定されていて最短2時間で審査回答という消費者金融のようなスピード審査も魅力です。

銀行のキャッシングローンなので年収の1/3という制限はありませんし申し込み要件に年収制限はありませんから、パートでも申し込みが可能です。

利用できる人は日本在住、満20歳以上完済時の年齢が満71歳未満、安定継続した収入があるという条件を満たす必要がありますが残念ながら、学生の申し込みはできません。

限度額が300万円では足りないという人には「りそなプレミアムフリーローン」も提供されており前年の源泉徴収票などの収入を証明する書類が必要になります。

おまとめローンは他社借入の多い多重債務者が借入先を整理するために新規に融資をしてくれる所を見つけてこれまでの借入金を返済するためのローンです。

一方で、借り換えローンというものは既存の金利よりも低金利のローンから借り入れて今までのローンを一括返済し新規ローンを返済していく、いわゆるローンの乗り換えを意味します。

両者は金融上の定義づけは違うのですが、厳密に区別されるといったことはなくみずほ銀行の借り換えローンという名前でおまとめローンを提供している金融機関もあります。

消費者金融は高金利で、銀行は審査が厳しいのが一般的ですが必ずしもどちらのおまとめローン・借り換えローンがお得とは言い切れないのです。

消費者金融のおまとめローン、借り換えローンは追加融資ができないのに対し銀行はフリーローンが多いため、通常のカードローンと同じように限度枠内なら追加で借り入れや返済が可能です。

数社から借り入れているローンを1本化できる東京スター銀行おまとめローンを利用するとローン残高の管理がしやすくなり、場合によっては利息を安くすることができます。

おまとめローンは効率的で多くのメリットがありますがデメリットも多くありますから、あらかじめ調べることが大切です。

おまとめローンに申し込むと審査を受けることになりますが借入金額が大きいなどの要因で審査内容は厳しくなります。

毎月の返済額が多すぎるから減らしたいという人は借入期間が長くなるわけですから、利息の総額は増加することを忘れてはいけません。

毎月の返済額が減ると生活に余裕が出来たと錯覚する人もいるようで完済した業者から融資の勧誘電話がかかってくると、再び借り入れる誘惑に負けてしまうリスクもあります。

おまとめローンは複数社から借金していたものを1つにまとめるためのローンで複数社に返済することでバラバラだった返済日を1日にまとめることができますし、月々の返済額を低くすることができます。

月々の返済額が減れば経済的な負担が軽くなるというメリットがありますが返済する元本はそのままですので返済期間は長くなる事になります。

返済期間が長期化すれば、長くなった分だけ金利は発生しますから返済する総額は、東京スター銀行おまとめローンを組む前より増えてしまうことは否めません。

一方で、金融業界の常識として借入限度枠が大きいほど適用金利が低くなりますから東京スター銀行おまとめローンで高い与信限度額が承認されることになれば、低金利で借り入れられる可能性もあるのです。

ですから、東京スター銀行おまとめローンで金利がどのくらい抑えられるのかをシミュレーションして返済額を算出すれば返済総額を増やすことなく、毎月の返済も楽にすることが可能になります。

おまとめローンの審査に落ちたという人はその原因を判明しない限り、次のおまとめローン審査を受けても審査に落ちる可能性が大きいです。

審査項目には年収をはじめ、勤務先や勤続年数、借入件数などがあり、これらの条件が問題が無ければ審査をクリアすることができます。

年収は多い方が有利になりますが、重要なことは借入総額とのバランスで借入希望額が年収の基準に収まっていれば返済可能と判断してもらえることが多いようです。

勤務先は公務員や大企業の社員だと有利になりフリーランスやフリーター、入社1年未満という場合は低評価となります。

個人信用情報というのは借入や返済状況を審査される項目で過去に自己破産をしていたり、返済の遅延、あるいは滞納があった人は、審査を通るのは難しいかもしれません。

三菱UFJフィナンシャルグループのアコムにはおまとめローンとして使える借換え専用ローンと言う名前のキャッシングサービスがあります。

総量規制の影響で消費者金融の融資は年収により上限がありますがみずほ銀行の借り換えローンの場合は例外貸付という特別措置が適用されます。

例外貸付の条件は利用者に有利な貸付であることでおまとめローンの借入れを含めた借入額が年収の1/3をオーバーしてもOKな制度です。

借換え専用ローンは融資上限が300万円と通常よりも低めですが実質年利は7.7%~18.0%と高めの設定になっています。

借換え専用ローンで借りたお金は何に使っても良いというわけではなくクレジットカードのショッピング枠の返済に使う事はできません。

おまとめローンの審査が何度も不合格な人は通らない原因をつきとめることが先決です。

一般的なローンの審査項目は年収や勤務先、勤続年数、借入先の件数、他社からの借入れ総額、個人信用情報などがあり平均レベルに達していれば審査落ちする可能性は低いです。

年収が低い人でも借入金額とのバランスが保たれていれば心配いりませんが借入総額が年収の1/3をオーバーしている場合は審査落ちは確実です。

勤務先や勤続年数は返済の安定度や確実性の判断材料となり契約社員はアルバイトと同じレベルで評価される場合もあります。

おまとめローンの場合、利用者は多重債務者なのでいわゆるブラックリストに載っている人は審査落ちは確実です。

銀行にはおまとめローンという商品は意外と少なく借り換えローンやフリーローンと言う名前の商品が多いです。

銀行は総量規制という上限がないので銀行の与信枠内なら追加融資が可能なローンが多いのですがアコムやアイフルなどの消費者金融のおまとめローンというものは、総量規制の特例貸付が適用されますので返済専用のローンになります。

又、銀行のフリーローンは事業用資金以外は使い途に制限はありませんが消費者金融の場合、貸金業の返済のみに限定されています。

銀行のおまとめローンは、低金利で高額融資が特徴的ですが一方の消費者金融はというと、最大金利18.0%、最大融資額は300万円ということで、銀行と比較すると見劣りするスペックなのは間違いありません。

しかし、アコムやアイフルなどの消費者金融のおまとめローンは銀行と比較して審査に通りやすかったり、審査結果や融資までの時間が早いので、銀行にはないメリットもたくさんあると言えます。

複数の金融業者から借金をしていると借入残高を管理するだけでも一苦労ですね。

借入件数が多い人は借入れ可能額が低いために何社からも借りることになったのでしょう。

カードローンでは与信限度額が高くなるほど金利が低くなりますから金融機関は1社にまとめたほうが有利になります。

反面、他社借入の多い多重債務者は多くの金融機関で敬遠されがちですので借金の全てを完済できる金額を借り入れるのにはハードルが高すぎます。

しかし、おまとめローンは多重債務者が一方的に有利になる借り換えなのでまず、審査を受けることをおすすめします。

多重債務者を救済するための商品が東京スター銀行おまとめローンですが借入件数が多すぎると審査に落ちてしまいます。

借入件数は3社でセーフ、4社でギリギリ、5社でアウトと言われていますが審査落ち確実な人でも通る策が無いかを考えてみましょう。

まず、行うべきことは今までの返済状況の確認と各社からの借入れ金額や残高の確認です。

1件でも返済が完了すれば審査は通りやすくなりますから利用限度枠を計算して完済できるローンを洗い出しましょう。

審査で重要視されるのは金融事故歴ですから、それがなければ返済能力に問題ないとみなされ、審査通過の可能性がでてきます。

マイカーローンは5年から7年かけて返済していくことになりますのでショッピングローンとしては長い方ですが自動車自体が高額商品になりますので毎月の返済額が高くなるのは否めません。

その間に給料が下がったり転職などで収入が減ると毎月の負担が大きくなるのでJAバンク等のマイカーローンを含めた東京スター銀行おまとめローンを組むという選択が出てくるかもしれません。

銀行の提供しているおまとめローンならその発想もアリなのですがアコムやアイフルなどの消費者金融のおまとめローンは、JAバンク等のマイカーローンの返済に利用できないかもしれません。

なぜならば、消費者金融のおまとめローンは貸金業者からの借入れを1本化するためのものなので銀行から借り入れたJAバンク等のマイカーローンは利用対象外なのです。

信販会社のマイカーローンで、キャッシング枠ということであれば対象となりますがショッピング枠であれば利用することはできません。

東京スター銀行おまとめローンを組む際に最も簡単な方法はweb完結というインターネットを使った手続きです。

手続き中に知り合いと出くわす危険もありませんし、24時間受付けているので、忙しい人でも余裕を持って申し込むことができます。

注意することはweb申込みとweb完結はちがうということで契約手続きまで行う事ができるのはweb完結です。

web申し込みは審査結果を受け取るまではweb完結と同じですが必要書類を郵送してもらって記入後返送するローンもあります。

web完結なら曜日や時間に関係なく手続きができるだけでなく電話での意思確認なども原則的にはないので安心です。

おまとめローンを利用することで利息を減らせると言われていますが、これは、限度額の少ないカードローンを複数社より借入れしていることが原因です。

東京スター銀行おまとめローンで本当に利息が少なくなるかどうかは申し込む前にきちんと金利の計算をして確認しておく必要があります。

おまとめローンという商品を扱っている金融機関ではホームページに返済シミュレーションができるようになっています。

金融機関の金利や借入額を入力するだけでおまとめローン後の返済額などが瞬時に表示されますから簡単に比較することができるのです。

消費者金融よりも銀行ごとの金利差のほうが大きいので東京スター銀行おまとめローンを検討している人は、まずは返済シミュレーションで正確な金利を計算しましょう。

参考: