洗顔石鹸敏感肌対策なら?

お肌の角質層が薄くなりすぎていることなどが原因で、肌バリア機能が極端に低下し、外部からの刺激に弱い状態を敏感肌といいます。
この状態のお肌のお手入れは、刺激が少なく、お肌にやさしい化粧品を使ったシンプルなケアを心がけること。
この時期に特別なお手入れを行うのは、お肌に必要以上の刺激を与えてしまうことがあります。
まずは、お肌を正常な状態に戻すことだけを考えましょう。
乾燥肌の人が敏感肌になってしまうケースが多いので、しっかりと保湿することも大切です。
敏感肌対策の石鹸としては、「ビーバンジョア253/プランピュアソープ」があります。
主原料である6種の植物オイルは、さらに精製して異物やアレルゲンを極力カットしており、敏感肌の人にもやさしい石鹸となっています。
オウゴンエキス、ヒオウギエキス、ダイズエキスなどの保湿成分も配合し、お肌のうるおいを保ちます。
「RoC/エニドリアルウォッシュバー」も敏感肌に対応しています。
肌を健やかに保つ成分パンテノール、シトステロールを配合。
刺激に弱い肌を潤いで保護しながら、しっとりなめらかに洗い上げます。
原材料にこだわった、天然成分100%の「ショコラ・ド・バーン洗顔石鹸」は、敏感肌にもやさしい石鹸です。
エクストラバージンオリーブオイル、アーモンドオイル、パームオイルなど植物オイル8種だけを配合してつくられた石鹸です。
原料のよさを生かすコールドプロセスでつくられています。
「フコイダン化粧品無添加石鹸とわだ」は、無農薬栽培のエクストラバージンオリーブオイルを使用した石鹸で、海藻特有のねばりに含まれる保湿成分フコイダンを配合しています。
フコイダンは、美肌効果や保湿効果があるとされる成分で、洗顔後のしっとり感を逃さす、なめらかな肌に整えるとしています。
「大島椿/アトピコスキンヘスルケアソープ」は、精製椿油配合の低刺激ソープ。
椿油は、肌にうすい膜をつくることで、バリア機能をサポートするオイルです。
敏感肌や乾燥肌のバリア機能をサポートし、肌のうるおいを保ちながら、汚れをすっきりと落とす石鹸です。
「薬用ユースキンSソープ」は、うるおい成分しその葉エキスを配合。
刺激に弱い、乾燥しがちなお肌のことを考えた石鹸です。
アミノ酸酵母スキンケア「クー・スキンリファイニング」シリーズの「霊芝ソープ」は、酵母培養液、コラーゲン、ヒアルロン酸などの保湿成分を配合した石鹸です。
お肌のうるおいを保ちながら、汚れを取り去ります。
アトピーの人の洗顔料【洗い方・お手入れの方法とは?】