NISAの非課税はいつまで?非課税の期限が決まっている?

NISAを銀行でやろうと思っている方って実際にはどれぐらいいらっしゃるのでしょうか。

取引先の銀行とのお付き合いだったりいわゆるしがらみのようなものがないのであれば、取扱い金融商品が豊富で、基本的には手数料が安いネット証券がおすすめですよ。

ゆうちょや銀行などは、NISAとは?というところから丁寧に説明してくれますから、そのほうが安心して運用できるという方もいると思いますのでダメということではありません。

NISAの1番特徴である非課税というのは、結局のところ、支払うコストが低くなることに繋がりますから、それだったら手数料が安くなる可能性も高めていきたいですよね。

できるだけリスクを避けることを考えて銀行にするかどうか決めるようにしましょう。

NISAが始められるのは2023年までです。

期限につきましては当初から決まっていたことではありますが、これからNISAをはじめる方にとってはあとわずかな期間しかありません。

この期間迄は、すでにNISAの運用をしていて5年の期限が切れたものでも、ロールオーバーの制度が利用できたのですが、これからはじめる方はこの仕組みは利用できないと思っていいでしょう。

それではNISAの期限が切れる一体どうなるのでしょうか?その場合は売却してしまうか、課税対象の普通の口座へ移すかのどちらかになります。

非課税口座と課税口座の間で移行させることで、最終的な売却時の支払いが損になるかならないかを見極めましょう。

NISAを利用する最大の理由はなんといっても非課税期間があるからですよね。

NISAならではのメリットを十分に活用するために、NISAのルールを事前にちゃんと確認しておきましょう。

年間120万円の非課税枠は使い切りになります。

よく勘違いされやすいのですが、例えば25万円の株を購入したあとに売っても、25万円分の枠は戻ってこないということです。

もしかしたら誤解しているがいるかもしれませんので、解説すると、120万円までという枠ですから、合計120万円を超える商品は購入することはできません。

枠そのものを持越しすることもできませんので、年内に使いきれなかった分は消滅し、翌年に新たに120万の枠となります。

NISAにはロールオーバーという仕組みがあります。

NISAには最長5年という条件があるのですが、5年経過した後に、その年の新たな非課税枠を使用し、移すことをロールオーバーといいます。

NISAの投資枠自体は毎年120万円迄と決まっていますが、購入した商品が120万円を超えていてもそのまま引き継げます。

ジュニアNISAについても、枠の上限額や払い戻しのルールに多少違いはありますが、ロールオーバーの扱いについては基本的には同じです。

ただ、NISA自体が2023年までの仕組みですから、これから運用を始めるという人にとっては、あまり気にする必要はないかもしれません。

NISAと積立NISAの違いについて簡単にいうと、積立NISAは現物株や様々な投資信託が扱える通常のNISAとは違い、投資できる金融商品が決まっています。

積立NISAは投資信託のみになりますが、その中でも手数料が低いという特徴を持っていて、販売手数料が0円であること、公募投資信託か上場株式投資信託ETFであることなどに限定されています。

また、投資上限についても年40万円までと決められています。

上限が低い代わりに非課税投資枠が20年間で最大800万円迄となっています。

ちなみに、通常のNISAと併用することはできません。

NISAで取引可能な商品はというと、ざっくりと3つに分けて、株、投資信託、ワラント債があります。

株と一口に言っても、リスクが高い信用取引は含まれませんし、比較的低リスクな債券も対象外です。

比較的人気の高い外貨MMFなども含まれていませんし、情勢不安の際でも安定している金やプラチナなど先物やオプションも対象外です。

FXなどのハイリスク型の商品ももちろん含まれません。

NISAという商品の誕生理由は、日本では預金する傾向がとても高いため、預貯金の分を株式投資に利用できれば、経済が活性化するのではと考えられてのことだそうです。

つみたてNISAという仕組みが後から生まれたことから鑑みても長期的に投資資金に回されることが狙いのようですね。

NISAの口座開設を考えているなら、まず最初に考えなければいけないことは、どこを選ぶかということでしょう。

NISA口座は一人一つしか持てませんので、対応している金融機関の中から厳選する必要があります。

一番有力な候補としては証券会社ですね。

ネット証券は手数料が安いので特におすすめです。

単純に安さだけに固執するのではなく、キャンペーンなども合わせて比較することをおすすめします。

例えば売買にかかる手数料を0円になるというものもありますし、キャッシュバックキャンペーンを開催している証券会社もあります。

投資金額がさほど大きくないのであれば、キャンペーンで決めるのも1つの方法です。

NISAのリスクについて説明します。

まず一つ目がNISAという仕組み自体が抱えているリスクです。

NISAは利益に対して課税されないメリットがありますが、損失がでたときに損益通算ができないというリスクがあります。非課税期間についてのメリットがあるということです。

参照:http://www.kabuho.net/mochitsudukeru.html

これは源泉徴収ありの特定口座でも一緒なのですが、NISAで用心しなければいけないのが5年間という非課税期間の期限がついている点です。

満期までに通常の口座に移動させることはできるのですが、その場合、含み損が発生していたとしても考慮されないのです。

一度売ってから、再度買い戻しをすることになると手間がかかります。

あとは金融商品自体にリスクというのは当然あります。

NISA変更というと今契約しているNISAを別の証券会社や銀行に変更したいというケースがあると思います。

NISAの口座はスタート当初より少し変更になっていて、1年に1回だけ変更可能になりました。

もう1点、普通のNISAからつみたてNISAに変更したいという場合があるかと思いますが、こちらの手続きも先程と同様に1年に1回変更が認められています。

ここで気になってくるのが、変更前に買った金融商品が、変更時に強制的に解約する必要があるかどうかだと思います。

結論から言うと、そこは問題ありませんのでご安心ください。

前年度に購入したものは継続して持ち続けられます。

もちろんNISAという枠組み自体の制限はあるのでその点は注意が必要です。

NISAをする上で5年後というのは大きなテーマになります。

というのもNISAというものは最長5年間という有効期限があるからです。

この期限を迎えた時にできることをまとめておきます。

上がっているか下がっているか関係なく一度売ってしまうというのがまず一つです。

あとは翌年以降のNISAの枠を使ってそのまま持ち越すこともできます。

これらの他には通常の証券口座に移行するというのも可能です。

NISAの枠組みをどの程度活用するのかは、その人の考え方によって違うと思いますので一概には言えませんが、含み損がでているものをそのまま証券口座に引き継ぐと、その時点で新たに買ったことになり当初の値段に戻っただけでも値上がり扱いとなることは知っておいてください。

非課税という響きが魅力的なNISAのおすすめはどれでしょう?もしあなたが投資の初心者だったとすれば、まず先に分かっておく必要があるのはNISAだからどうかということではなく、投資が預金と大きく違うのはリスクリターンについて考える必要があるということです。

預金は元本保証があるし投資はリスクがあるという単純な話ではなく、何が起こるとリスクとして現れるかということを知ることです。

例えば株式であればその会社の業績が大きく影響してきます。

投資信託などは銀行などの身近な金融機関でも販売されているためなじみがあると思いますが、投資先の金融商品を総合的に判断したり経済や景気がどうなるとどういう変化が起こるのかの予測ができておく必要があります。

あとはもちろん自分がなぜ投資をするのかということを合わせて整理するとおすすめは自然と見えてきます。

NISAとは何なのかできるだけ分かりやすく答えると、金融商品の利益を非課税にするという制度のことです。

海外にもあった仕組みなのですが日本では2014年にスタートして、年間にして120万円までが非課税で売買できる枠となります。

もっと詳しく言うと日本に住む20歳以上となっていまして、ひとつの口座のみを持つことができます。

気になる非課税枠についてもう少し詳しく見てみると、配当金や分配金や譲渡益といったものが対象です。

期間は最長5年までということになっていますが、現在保有しているも金融商品をNISA口座に移動させるということは残念ながら不可能です。

NISAの解約可否について気になるという方もいらっしゃると思いますが、手続きはできますからまずはご安心ください。

ただし条件があり、残高があると解約することはできません。

証券会社などによって手順は変わってくると思いますが、廃止手続きをするための案内に則って進めることになります。

もう少し具体的に言うと、非課税口座廃止届出書と個人番号提供書類といっしょに送付することになります。

必要書類につきましては手続きを申請した段階で郵送等で送付されます。

いつでも解約できるというのは、原則60歳まで解約不可なiDeCoと大きく異なります。

解約しやすいということはそれだけはじめやすいということでもありますね。

NISAで投資信託というのは初心者向けと言われています。

その理由は、投資額が低額で済むからです。

現物株の場合は銘柄によっても異なりますが基本的には、1単元あたり数万円から数十万円程度がかかるため、多くの銘柄に投資するということはできません。

一度にまとまった額を投資することから心理的なハードルも高くなります。

一方、投資信託は複合的な金融商品のため、資金が限定されているNISAでも分散投資が実現できますね。

予算があまり取れない方にもおすすめです。

プロに運用を任す場合、手数料や信託報酬といったコストが発生しますのでその点はご注意ください。

NISAのメリットといえば非課税ですが、その一方でデメリットもあります。

そのデメリットとは損失の繰り越しができないということです。

含み損のある状態で期限を迎えた場合、証券会社でならば、特定口座か一般口座に引継ぐ形となりますが、そのとき扱いとしては手数料こそかかりませんが、引き継いだ額分、新たに買ったということになります。

50万で購入した株が引き継ぎ時に25万円になってしまった場合、25万円で買ったことになり、仮に30万円で売却したとすると5万円分が利益ということになり、含み損が出ているのにも拘らず税金を課せられてしまうのです。

ですので、含み損がでているようであれば、一度決済してから買い戻すほうが現実的かもしれません。

そういう手間や手数料を全てひっくるめて総合的なコストが実際的なデメリットと言えそうです。