生命保険ドットコムの評判は?相談すると商品券貰えるって本当?

保険会社の行う勧誘や販売は「保険業法」でいろいろな規制があります。

保険業法第300条への指針として「保険会社向けの総合的な監督指針」を金融庁は2017年4月に策定しました。

そのため相談者に「特別な利益」の提供として換金性の高いギフト券やクオカードなどをプレゼントしてはいけないのです。

では、牛肉などの景品をプレゼントしている場合はどうなのでしょうか。

実は、前述の「監督指針」には商品プレゼントについては具体例が記載されておらず、慶弔関係や新年の挨拶などで行われるカレンダーの配布などは保険業法において禁止されていません。

そのため、牛肉などの商品プレゼントは「完全にクロ」とも「完全にシロ」とも断定できない状態にあると言えそうです。

新しく趣味や初めて体験することがある場合、みなさんどうしていますか?インターネットでそれについて調べるという人が多いと思います。

保険の見直しをやってみようと思い調べていたら保険相談無料ドットコムというwebサービスを見つけました。

よく街中にある店舗型のサービスとは違いこちらの都合のいい時間に好きな場所で相談に乗ってくれるようです。

ライフプランなどを色々、聞くので落ち着いて話ができる多くの人は自宅で相談しているようです。

また、勧誘方針も強制的な勧誘をしないのはもちろん、保障内容の確認だけでもいいみたいなので安心ですね。

多くの人が保険を考える時期があります。

例えば、結婚したときや子供が生まれたときなどです。

でも、保険に対する知識がないとどう選べばいいかわからないですよね。

そんな時は、保険無料相談サービスの利用を検討してみませんか。

すでに保険に入っている人でも年間の支出や家族構成などが契約当時と比べて変わっていると思います。

なので、無料相談で今の生活状況、希望している保障内容が合っているか、いざという時にきちんと保障で守られるかを改めて見直しましょう。

その結果、内容がほとんど同じなのに毎月の保険料が約1/3になったという話もあります。

相談だけでも大丈夫なので気楽に利用してみてください。

時折インターネット上で見かける、「保険無料相談で牛肉プレゼント」というサービスですがという販促方法ですがなぜプレゼントキャンペーンを始めたのでしょうか。

少し前まではFPにお金を払って保険の相談をするのが主流でした。

しかし、時代の変革とともに有料で保険相談をしてもらう時代が終わり無料で相談ができる企業がたくさん増えました。

後から相談サービスに参入してきた企業は保険会社としても是非とも自社の保障に加入して欲しいと考えています。

そこで無料で相談できる場所が増えたことで獲得しにくくなった保険相談者を得るために、特典を出してでも保険見直しを行ってもらいたいという考えから始まりました。

豪華な商品がもらえると言うキャンペーンで相談者を募集している保険無料相談サービスをネット上で見かけます。

多くの方が、とりあえず保険相談の申し込みをしたら商品がもらえると思いがちですがそれは間違いです。

多くのサービスでは数回の面談後、アンケート回答などを商品受領の条件にしているサービスが多いです。

そもそも、申し込んだからといって絶対に面談が行えるわけではありません。

特に、中小の相談サービスに申し込んだ場合は、大手サービスに比べてFPの登録者数が少ないため面談の予定が決まらないことがあります。

ネットで少し調べればわかるように、たくさんの保険無料相談請負会社が見つかります。

少しでも多くの人に興味を持ってもらうためにキャンペーンをしていたりもします。

気になるその内容はといいますと、現金がもらえるものもあるそうですが、主に商品券のようです。

もらえる額はばらばらではありますが、最低でも2000円、多ければ7000円ほどのようです。

数社と面談をして提案されたプランを比べることもあるでしょうし、こんなサービスも考慮に入れれば手続等のわずらわしさもどこかへ飛んでいきそうです。

世間には山ほど保険の相談に無料でのってくれる会社があります。

そんな中で、自分に合った良い会社を見つけるのは考えているより難しいのかもしれません。

ネットなどにあるランキングを参考にしてみるのも良いでしょう。

それぞれ異なった観点から格付けされているので、自分と相性の良さそうな会社がわかりやすくなっています。

名前を知っているような有名どころでもFPさんとの相性の良し悪しは重要なところなので、上位の会社で複数面談をお願いしてみるなど、上手に活用してみてはいかがでしょうか。

保険の見直しならなら生命保険ドットコムがおすすめです。

一時期、いろいろなところで現金・キャッシュバックキャンペーンをやっていましたよね。

特にスマートフォンの勧誘では額が大きすぎて本体を買うよりも得になるようなことすらありました。

同様に保険無料相談サービスでも商品券プレゼントをしていました。

最近、そういったプレゼントキャンペーンを見かけなくなりましたよね。

なぜかというと2017年4月に総務省や金融庁が策定した指針で高額なキャッシュバックや高額なギフト券がもらえるキャンペーンをしないように指導したからです。

そのため、保険相談業界ではお米や牛肉などの換金性の低い換金性の低いものに変更しているサービスもあります。

よくTVCMなどで聞く保険無料相談サービス、どうやって収入を得ているのでしょうか?その答えは、FPが提案した保険に相談者が加入した際に手数料が支払われるからです。

この仕組みは相談者にとっては、メリットが多いです。

例を挙げると相談者が加入した時に初めて収入が発生するということは、契約がなければFPには収入が入らないため、保険紹介時の説明や対応方法などのサービスを高めなければなりません。

FPは評判を気にしているので、相談者に合致しているライフプランを案内しFP側も説明をよりわかりやすくしてくれるなど良い面ばかりです。

評判を気にする業界なので現在の保険の方が合っているなら別の保険を勧めることもありません。

皆さんも保険の悩みを気楽に相談してはどうでしょう。

近年、人と同じようにペットの家族化、が急速に進んでいます。

例えば、「ペット保険」や「ペット供養」などです。

ペット保険とは、病気などの治療で動物病院に通院した際の治療費用を保障する保険です。

日本全国の動物病院で保証が受けられるほか、オプションとしてガン給付金や死亡給付金の付帯もできます。

ただし、毎年のワクチン接種は保険の適用外になりますので病気になる可能性の低い若いペットの場合は必要ないという考え方もあります。

気になる方は、保険無料相談サービスでも取扱をしていますので相談してみましょう。

保険の無料相談サービスをしているところは、名前が知られているだけでも10社以上になるでしょう。

依頼するならそれらの中でも良いFPさんがいるところをおすすめします。

実際数社に依頼して面談した人の話を調べますと、それぞれ同じことについて意見を聞いたとしても、結果として返ってくるプランが異なることが多いのだとか。

いざ契約となれば、FPさんとの付き合いは長くなります。

顧客側の希望をきちんと反映してくれるだけでなく、想像以上のプランをたててくれるような人と出会える会社にお願いしましょう。

貯金のために保険料を節約したい!でも、相談に行く時間がないからどうしようと困っている方、メールで解決できるかもしれないです。

保険無料相談サービスの中には、人生設計などの相談のやりとりをメールで完結できるということが特徴のサービスもあります。

なので、1年中受付をしており、返信内容の確認も通勤中の電車の中などのちょっとした時間に確認ができます。

もし、書いてある内容が難しくてわからない、こちらが伝えたいことが十分に伝わっていないと感じたときには、電話で直接相談することもできます。

相談の必要がなくなったときもメールで断れるので気楽に相談できそうです。

評判を気にする業界と聞いて、どんな業界を思いつきますか?一般的に思い浮かべるのは、政治家や芸能関係だと思います。

実は保険無料相談サービスをしている企業もとても気にしているんです。

なぜかというと、無料相談サービスでは相談者が提案された保険を契約したときに保険会社から報酬が発生するからです。

しつこい勧誘を行うとSNSや口コミサイトなどで拡散されてしまうからです。

その対策として、サービス側も評判の悪いFPの登録を解除したり、電話1本などでFPの変更ができるようにしたり対策をしています。

保険は人生で2番目に高い買い物と言われているので、信頼できる人からしっかりと説明を受けてから決めましょう。

専門家に保険について相談したいとき、どうすれば良いでしょうか。

FPさんに来てもらうという人もいれば、テレビや雑誌で宣伝している通りに店舗に自ら足を運ぶという人も結構多いかもしれません。

名の知れた会社は駅前やショッピングモールの中など、用事の帰りがけなどに行きやすい場所で店舗を構えていたりするので、利用しやすいと思います。

自分一人しかいない家に呼んだり、ファミレスなどで話したりすることに抵抗がある人には、一度来店型で面談を考えてみても良いかもしれません。

皆さんは自分の入っている保険にどんな保障が付いているか把握していますか?少しでもわからないところがあれば確認しておいた方がいいです。

その際、おすすめするのが保険無料相談サービスの活用です。

例えば、病院で手術をした時に現在の保障ではいくら受け取れるかや事故による怪我のための保障など、滅多に使わないので保障内容や申請方法を忘れていることもあります。

そこで、無料相談サービスを利用して確認することにより現在の保障内容を詳しく確認しましょう。

相談した結果、ほとんど同じ保障内容なのに月額が半分近くに抑えることができたケースもあります。

参考:生命保険ドットコムの評判はどう?見直し相談を体験しました

評判を気にする職業と聞いて、どんな職を思いつきますか?一般的に思いつくのは芸能関係や個人営業の飲食店だと思います。

実は保険無料相談サービスもとても気にしているんです。

というのも、無料相談サ―ビスに登録してるFPは相談者が保険に加入したら保険会社から報酬が発生するため、強引な勧誘をしていたり対応が酷いとSNSなどで悪評が拡散されてしまうからです。

そのため、サービス側も評判の悪いFPの登録を削除したり、悪評、クレームの多いFPの登録解除を行ったりして対策をしています。

保険は家の次に高い買い物と言われているので、信頼できる担当者を見つけしっかりと説明を受けてから決めましょう。

皆さんは自分の契約している保険の内容を十分に把握していますか?少しでもわからない保障があれば確認しておいた方がいいです。

その際、おすすめするのが保険無料相談サービスの利用です。

例えば、病院で手術をした時に現在の保障ではいくら受給できるかや家が地震で崩れてしまった時の震災保険などは、滅多に使わないので保障内容や申請方法を忘れていることもあります。

そこでFPに相談を行うことで現在のライフプランに合っているかを見直しましょう。

場合によっては、ほとんど同じ内容なのに月額が半分近くに抑えることができたケースもあります。

今話題の保険無料相談。

ご存知の方も多いでしょう。

資格を持った専門家に話を聞いてもらえたりするのに、どうして0円でそんなことが可能なのでしょうか。

気になったのでどういう仕組みになっているのか調べてみました。

簡単にまとめるとやはりFPさんたちにいくお金は保険会社から出ていて、契約ができたときにはじめて支払われるシステムなんだとか。

つまりはどれだけ知識が豊富で熱心なFPさんでも契約まで至らなければくたびれ損ではあるのですが、そのチャンスはたくさん得られるので、誰にとっても嬉しいメカニズムと言えそうです。

保険無料相談をサービスとして提供している会社はとても多いです。

そんな中で、自分が本当に満足できる会社と出会うのは至難の業ともいえるかもしれません。

探す際のひとつの目安としてランキングがあります。

順位付けするにもいろいろポイントがあるので、自分に合った会社を選びやすくなるでしょう。

一般的に良く知られた会社であってもFPさんとの相性の良し悪しは重要なところなので、上位の会社で複数面談をお願いしてみるなど、それぞれ比較検討をするにも役立つでしょう。

保険についての見直しに料金がかからないだけでなく、そのうえ商品券までもらえるなんてお得ですよね。

ゲットできる方法をいくつか挙げますと、実際に面談をすれば良いだけだったり、必要なところではアンケートに回答したりします。

金額的に多いのは数千円ほどのところですが数社からもらうことができたらかなりのお小遣いになるでしょう。

ただ真の目的はプロの意見を聞くことなので、もらえたらラッキーなものくらいに思っておいて面談そのものを意味のあるものにしましょう。

意を決して保険無料相談をA社のFPにやってみたら保険の乗り換えを勧められた。

保険は家の次に高い買い物と言われています。

そのFPが信頼できると思えたならそのまま乗り換えるのも良いのですが、できればA社の提案内容を受けた後に別のB社のFPにも相談をして提案内容を比較するのをおすすめします。

その際に頭に入れておいて欲しいのがA社の内容をB社に見せるとA社に対抗する様な形で全く違う提案ばかりをしてくる可能性があります。

担当者によって考え方は変わりますがA社の提案内容を見せる場合、「この内容でOKです」と言うくらいの人だったらとても信頼できる方です。

ぜひ、その人に頼みましょう。

B社のFPに見せない場合は、単純に新しく提案された内容の比較をしましょう。

貯金のために保険料を節約したい!でも、相談に行く時間がないからどうしようとお悩みの方の悩みが解決できるかもしれないです。

保険無料相談サービスの中でも数は少ないですが、相談のやりとりをメールで行えるサービスもあります。

そのため、24時間受付をしており、相談に対する返信内容の確認も通勤中など空いた時間に回答の確認・返信ができます。

もし、書いてある内容が難しくてわからない、こちらが伝えたいことが意図が十分に伝わっていないと感じたときには、電話で直接担当者と相談することもできます。

状況が変わって相談の必要がなくなったときもメールで断れるので楽な気持ちで相談できそうです。

保険のプロに相談をしたことがある人はどれほどいるでしょうか。

とあるサイトで見てみるとなんと一社だけで年間十万人以上の人が訪れているとのことです。

それほど多くの人が興味を持っており、また仕組みが複雑過ぎて普通の人には理解しにくいことの表れでもあるのではないでしょうか。

それぞれの会社の評判を調べてみると、CMでも有名なほけんの窓口や、ネットでよく見る保険マンモスなどの会社名をよく目にします。

FPさんの質に関して高い自信を持っているところや、面談の予約等が手軽にできることが魅力的な点だそうです。

保険の勧誘や販売は「保険業法」でいろいろな規制がかけられています。

保険業法第300条への指針として「保険会社向けの総合的な監督指針」を金融庁は2017年4月に策定しました。

そのため相談者特典として換金性の高いギフト券やクオカードなどの換金性の高いものをプレゼントしてはいけないのです。

では、お米や牛肉など商品そのものをプレゼントしている場合はどうなのでしょうか。

実は、前述の「監督指針」には商品プレゼントについては具体例が記載されておらず、慶弔関係や新年の挨拶などで行われるカレンダーの配布などは保険業法の禁止事項には該当しないとしています。

そのため、今のところは商品プレゼントは「完全にクロ」とも「完全にシロ」とも断定できない状態にあると言えそうです。

保険を考える時期といわれる人生におけるイベントがあります。

例としては、結婚したときや子供が生まれたときなどです。

でも、全く保険に対する知識がないとどうしたらいいかわからないですよね。

そんな時は、保険無料相談サービスを利用してみましょう。

すでに保険に入っている人でも年間の支出や家族構成などが契約当時と比べて状況は変わっていると思います。

なので、無料相談で今の生活状況、希望している保障内容が合っているか、いざという時に保障でカバーすることができるのかを改めて見直しましょう。

その結果、内容がほとんど同じなのに保険料が約1/3になったという話もあります。

契約中の保険内容の確認だけでもOKなので気楽に利用してみてください。

今の保険を選んだ際にどういったものを参考材料にして決めましたか?ランキングサイトなどのwebサイトを参考材料にした人、職場に来た営業の人の勧めなどいろいろな方法で決めたと思います。

そうやって決めた結果、思っていたよりも月々の料金が負担になっている、実は保障内容がわかっていないという人も多いのではないでしょうか。

保険無料相談サービスを利用して内容の確認をしましょう。

加入当時と現在で生活状況やライフプランは変わってくるものです。

気軽な気持ちで相談してみたら、保障内容はほぼ同じなのに月額が今よりも低く抑えられた、今の生活状況により合った内容を見直しをしてもらえたという話も多いです。

良い保険無料相談会社の選び方として、クチコミは参考になります。

それぞれどんなFPさんにどんなプランを提案してもらえたのか、重点的に調べてみると良いと思います。

偏りのない提案をできるのが良いFPさんと言われています。

顧客について詳細なリサーチの努力を惜しまないので、守りたい生活に負担のない提案であることは当然ですが、意外でありつつ納得感や満足度の高い提案を受けることもあるそうです。

会社の選定にはFPさんの質が大きなポイントとなってくるので一度いくつかの会社に面談依頼をしてみて、実力を比較検討してみると失敗が少ないでしょう。

2017年4月の金融庁が出した指針により保険無料相談後に高額な商品券などを相談者へプレゼントするキャンペーンが禁止になりました。

「換金性の高い商品の提供の禁止」という金融庁の策定した指針から各サービスでは、商品券から牛肉などの景品へ変更しています。

また、3000円程度の商品券やギフト券をプレゼントしているキャンペーンで宣伝しているサービスがありますが、これは明確な法令違反になるのでいずれなくなっていくでしょう。

もし、保険相談サービスを利用しようと思っているのならば、キャンペーンだけでなくサービスを提供している会社の情報を調べてから選びましょう。

すぐに相談をしたいなら保険ショップという選択肢もあります。

保険相談の無料サービスを提供している会社は、少なく見積もっても10社以上はあるかと思います。

依頼するならそれらの中でも良いFPさんがいるところをおすすめします。

面談をいくつかの会社にお願いしたという人によると、それぞれ同じことについて意見を聞いたとしても、いろいろ幅のある提案がされるようです。

契約になればそのFPさんとその後も関係が続いていきます。

こちらの理想や希望を理解してくれるだけでなく、想像してもいなかった満足をくれるようなFPさんが数多くいるようなところを選びたいですね。

保険のプロに無料で話を聞けるチャンスがあるなら、それを無駄のない時間にできるようにするべきです。

見直しを依頼するときに気を付けるべき点は、現在のものは保証内容・支払額のバランス等どうなのか?自分のライフスタイルに合った保険なのか?ということです。

まず面談までに自身の生活設計をある程度たて、健康診断の結果などあれば用意しておきましょう。

そうすることでより具体的な提案をしてもらいやすくなります。

最終的にはどこと面談をするかも大切になってくるので、選ぶ際もきちんと調べましょう。

保険の見直しならなら生命保険ドットコムがおすすめです。