『住宅ローン金利』

住宅ローンの金利変動型のメリットとデメリットは?

金利変動型住宅ローンとは、借入後も金利が市場金利に合わせて見直される住宅ローンの事です。

半年に一度金利の見直しを行い金利を変更するので金利変動型住宅ローンの金利は、短期プライムレートや市場の金利動向などを参考に変動金利型基準金利に連動して決まります。

金利変動型住宅ローンのメリットは金利固定型住宅ローンよりも金利が低いことなので現在のような年々金利が低くなっている低金利時代では、金利変動型住宅ローンが人気だと言えます。

しかし、すべてが良いことばかりではなくてデメリットの1つとしては、半年に1度金利が変更するため安心した返済計画が立て難いことが挙げられます。

デメリットの2つ目は急激な金利上昇があった場合、返済額が大幅に増加する可能性があることが考えられます。

住宅ローンという高額なローンの場合1%上がれば何百万円返済額が増える事もありますので金利が上がった場合に返済額の元金の割合が減り元金残高の減り方が遅くなる上に金利が急激に上がれば、利息が返済額を上回り、返済しても元金が減らないことになり、返済額を超えた利息分を後に繰り延べて支払わなければならない。

よって金利変動型住宅ローンを組む場合は、金利動向をこまめにチェックする必要があると思います。

金利が上昇しそうなときは、金利固定型へ変更するなど対応しなければならないだろう。

現在は低金利時代のため金利変動型住宅ローンを利用する人が多い。

これから景気が回復しはじめたときには十分注意していかなければならないのです

参考になるサイト

新生銀行住宅ローン借り換え審査落ちた?年収と頭金は!【基準厳しい?】
新生銀行住宅ローン借り換え審査でお困りの方のためのサイトです!審査基準をしっかりと確認して落ちないために必要な情報をご紹介しています。
xn--r8j1c3e0q4a5cy537axmbhw6c12ah35deklwm6h133a.com/

contents

HOME

住宅ローン金利

日記

アーカイブ

カテゴリー

pagetop

Copyright(c)住宅ローン借り換えをご検討中のあなたへ. All rights reserved.